本日正午の環境放射線測定値

0.118μSv/h

福島東稜高等学校(高校55回専攻科42回)入学式が盛大に挙行されました

2013年04月09日(火)

 春爛漫の今日の良き日、高校239名・看護専攻科36名の入学生を迎えました。小原敏校長より、高校生には「高校では夢を持つこと。それを果たすために、他人に頼らず自分で考え責任を持ち、望むこと。」看護専攻科学生には「国家資格取得を目的とした2年間にすること。」の目標と、さらに保護者の方々には建学の精神の具現化に向け協力のお願いがありました。
 新入生誓いの言葉の後、来賓の県議会議員 佐藤雅裕様、保護者副会長、同窓会会長よりご祝辞を頂き、生徒代表歓迎の言葉・保護者代表挨拶と続き、式が閉じられました。県文化センター大ホールには、新入生歓迎の心がこもった校歌、それに応える新入生一人ひとりの元気な返事が響き渡りました。共に学び、喜びを分かち合い、困難には皆で立ち向かう、充実した高校生活。待ちに待った平成25年度の輝かしいスタートです。
〔写真は本校恒例の校旗入場のシーンです〕

入学式