本日正午の環境放射線測定値

0.118μSv/h

救急安心お守りカード

2014年09月11日(木)

 9月10日(水)福島市消防本部より配布されました。
「もしも救急車を呼ぶ事態になった時、冷静に「持病」や「かかりつけの病院」などを救急隊員に伝えられるでしょうか? いざという時のために、必要な情報を書き留めておくのが、『救急安心お守りカード』です。このカードを救急隊員に渡すことで、医療機関への搬送時間を短縮でき、救命や後遺症の軽減にもつなげられます。」(消防本部資料より)という趣旨です。
 早速クラス毎に配り担当教員より「例えば自分のおじいちゃんやおばあちゃん等、あわててうまく救急隊員に伝えられない事を想定し、生徒のみなさんが代わって記入して、カードを渡してあげて下さい。」と伝えられると「しばらく会っていないな。」「げんきにしてるかな。」とそれぞれの相手を思い浮かべながらペンを走らせていました。
 資料によれば、この取り組みで1件の救急要請の時間が約3分短縮され、1日1件の提示があれば年間で1,095分(185時間!)の短縮となるそうです。要請の無いことが一番ではありますが、万一に備え尊い命が少しでも多く救われるよう、大切にしましよう。

救急C2救急C6救急C5救急C3