本日正午の環境放射線測定値

0.118μSv/h

皆既月食 雲の合間から撮影成功

2018年02月02日(金)

 1月31日(水)は皆既月食でした。スーパームーン+ブルームーンと3つの奇跡が重なった天体ショーであるとメディア関係でも大きく取り上げられていました。午後9時~12時と夜間遅くの現象である為、科学部員のみの観測会となりました。夕方からの機材準備の段階では雪が舞い、本当に観測できるかが不安でした。まさに、空との”にらめっこ”で時を待ちました。その結果、うす雲を通してではありましたが、開始~皆既~終了までの一部始終を観測することができました。
 科学部部長 片平 智彦 君(2年)のコメント「雲の合間から見える月は、本当に神秘的でした。次回皆既月食の一部始終を見られるのは2021年5月26日だそうです。東京オリンピック後の現象となります。今回遅くまで粘って観測できたことは、本当にうれしかったです。」 なお、撮影場所は本校施設「きらり☆東稜天文台」です。

IMG_6294IMG_6246IMG_6318IMG_6353