本日正午の環境放射線測定値

0.118μSv/h

台湾修学旅行 2日目 学校交流編

2016年09月21日(水)

 宿泊したホテルにて、ある生徒から「部屋にあった果物は食べてしまったんですが、よかったのでしょうか?』
いいんです。ここは台湾。生徒達は日本との習慣の違いを楽しみつつ順応しています。


 本日の午前中は、育達高職学校との交流会がありました。生徒数6,000人というマンモス高校です。また、学科も多様で日本語学科、英文学科、情報学科、保育科、食物科などなど、特に、観光学科、モデル学科には皆驚いていたようです。
 
 学校に到着すると、『歓迎日本福島東稜高校』と表示された電光掲示板と育達生の拍手による大歓迎モード!。東稜の生徒は、初めは少し戸惑った様子でしたが、育達生とのグループを結成して間もなくして打ち解けた様子。日本語学科の生徒ということもあり、日本語をある程度理解してくれたのでコミュニケーションしやすかったように思います。
 さて、交流会ですが、両校の記念品交換に始まり、両校のPR映像を見てお互いの学校について知ることができました。最後に、全員で『糸』を大合唱。
 その後は、グループに分かれてキャンパス見学。様々な手段を駆使してコミュニケーションをとっており、たくさんの笑顔が見られました。
 それにしても台湾の高校生の積極的なこと!東稜生もそれに感化されてか、別れ際には、別れを惜しむ位に交流できたように思います。

IMG_20160920_084917IMG_20160920_092346IMG_20160920_114703IMG_20160920_095916