本日正午の環境放射線測定値

0.118μSv/h

特別進学コース 大学出張講座より

2015年11月06日(金)

 11月4日(水)、特進コース生のための大学出張講座が行なわれました。
 講師に東北学院大学の植松靖夫教授をお迎えしました。前半は英語による論述法を学びました。日本語で論文の骨子を作りそれを英訳するのは根本的な誤り。言語にはそれぞれの論の構成が定まっており、英語で論文を書くのであればメモの段階から英語で考えて展開しなければならないそうです。論文の型が出来ていない日本人留学生は、海外の大学でとても苦労しているそうです。後半は、「大学で学ぶ意義」「学科の選び方」等、身近な実例を交えながら楽しいお話をしていただきました。文理選択・学科選択に悩んでいる生徒達にとって、とても参考になるお話ばかりでした。この授業を機に、生徒達の進学意識も更に高まったようです。以下は生徒の感想です。
 「文章を書くときに、日本語と英語ではやはり全然違う書き方をしなければならないと改めてわかりました。英語で考えられるように、単語や文法の知識をもっと増やし、Introduction/Discussion/Conclusionを意識して読みたいです。」「大学進学にあたり、いろいろな学部のことをWebサイトやオープンキャンパスなどで確認し、自分に合った学部をもっと追求していこうと思いました。お勧めの本も読んでいきたいです。」

tokusinn1tokusinn2tokusinn3