本日正午の環境放射線測定値

0.118μSv/h

第一回 交通安全教室 実施

2015年04月20日(月)

 4月15日(水)福島県警察署交通第一課交通第一係主任 伊藤 健太郎 様を講師にお迎えし、「交通安全教室」が開催されました。
 福島県内で発生している自転車事故のほとんどが高校生という現状より、普段の生活ではほとんど意識していないと感じられる自転車と歩行者の違いを明確に説明していただきました。
・自転車は車両扱いとなり、原則は車道を車と同じ左側を走行すること。
・事故が起きたときにはすぐに警察へ連絡すること。
・過失事故の可能性もあるので保険への加入をすること(過去の事例として最大9000万円もの損害賠償が発生したケースもあり)。
・道路交通法の改正により自転車での悪質な運転も取り締まりの対象になり、罰金や講習会の参加が義務付けられること。
 また、交通安全をより理解してもらうためにクイズ形式で生徒たちに楽しく交通ルールを説明していただきました。駐輪場の関係で自転車通学者のほとんどが本校北側の急な坂道を通学するため、自転車のマナーをしっかりと守って事故のない学校生活を送ってほしいと思います。

1交通安全交通安全2