本日正午の環境放射線測定値

0.118μSv/h

放射性物質を含む土壌の撤収について

2014年04月01日(火)

 昨年より実施されていました「福島市ふるさと除染実施計画」に則り、除染後の放射性物質を含む土壌が本校敷地内に仮置きされておりましたが、この度上記計画の一環により3月20日(木)~31日(月)の間に市の仮置き場への搬出が行なわれました。今回の作業で搬出された土壌の量は何と46t。これにより生徒の活動範囲内の土壌は撤収され、より良い環境での生活が守られました。
 今回の作業にあたり、小原敏校長より「市の優先的な作業進行、そして作業に当たられた方々には改めて感謝申し上げたい。またその内容も、ただ持ち出しただけでなく、土壌が置いてあった場所に新しい土を入れ直して低線量化を図るなど配慮もしていただけた。」と話されました。
 間もなく新入生が入学して参ります。少しでも安心して通学できるようこれからも対応を続けて参りたいと思います。

IMG_6465IMG_6473IMG_6469