本日正午の環境放射線測定値

0.118μSv/h

何と、再び日本一に! ボウリング

2014年03月28日(金)

 第17回高等学校ボウリング選手権大会(春高ボウリング)石川大会 3月21日~23日 が行なわれ、前回の別の大会で日本一となった 大河内未来(2年)・斎藤こ夏(1年) のペアが再び団体戦優勝を勝ち取りました。さらに個人総合(個人戦、団体戦を合わせての上位者で改めて個人タイトルを決める試合の結果)で大河内さんは第3位となりました。おめでとうございます。
 3月26日(水)午後1時30分から、福島県ボウリング連盟副理事長 齋藤憲治 様をはじめ、地元新聞社の記者に囲まれながら、優勝報告会が行なわれました。緊張した面持ちながら大河内さんは「この優勝で、福島県の皆様に明るいニュースを届けることができ、うれしいです。これからも頑張ります。」と話してくれました。齋藤副理事長より「試合毎にこの大会ではこの位の結果を残せるようにと綿密で計画的な練習をもとに、(今回)狙っていた。」と目標通りの結果を残せたことには驚愕です。5月のNHK杯等も控え、メンタル面の更なる強化が求められているそうです。
 大変でしょうが、今後の活躍にますます期待いたします。

ボウリング再1ボウリング再2ボウリング再3ボウリング再4