本日正午の環境放射線測定値

0.118μSv/h

平成25年度 戴帽式

2013年05月11日(土)

 去る5月11日(土)第42回戴帽式が、来賓、看護科・看護専攻科在校生列席のもと、本校大ホールで執り行われました。
 戴帽式とは、看護師を目指す者が職業に対する意識を高め、またその責任を自覚するための儀式です。小原校長先生より純白のナースキャップを授与された看護専攻科36名は、ナイチンゲール像より灯火を頂き、全員でナイチンゲール誓詞を唱えました。ナイチンゲールの灯火は、クリミア戦争の際、ナイチンゲールが暗い夜も患者のためにロウソクを灯して看護したという言い伝えから、看護の光・看護の心の光と言い表されています。そのナイチンゲールの精神を受け継ぐべくキャンドルに火を灯した戴帽生の顔は理想の看護師になるべく努力するという決意に満ちていました。
 戴帽式後は「寄り添う看護」と題して南喜和子先生の記念講演がありました。先生の看護師体験・患者体験を聞きこれからの学習にいかしていくとともに、改めて理想の看護師を思い描いたようでした。

戴帽式 (18)戴帽式 (8)戴帽式 (11)