FUKUSHIMA

TORYO

HIGHT SCHOOL

学校案内

SDGs

〜持続可能な未来のために〜TORYOの夢への助走

校長先生

見つけよう、
君のオリジナル。

 本校は,創立以来守り続けている地域に貢献し活躍できるキャリア教育を普通科の中に取り入れ、その教育内容をさらに進化させた学科改編を7年前に実施しました。
令和4年度からは一部コース系列をより現代社会のニーズに応えるものに再編しました。震災後そしてコロナ禍の逆境にも打ち勝てるたくましさを身に付けられるように、教員一同、真心を持って全力で取り組んでいます。
 今年のキャッチフレーズは、「みつけよう君のオリジナル」です。皆さんが抱いている夢の現実のために、福島東稜高等学校は地域にで活躍できる人材育成を目指してさらに進化を続けます。
特色ある本校のステージで、人生の中で一番心身ともに成長できる高校生活の3年間で自己のオリジナルを確立してください。

理事長・校長小原 敏

建学の精神
真心をもって人に接し
人の立場を考えて行動できる
明かるく役立つ人間
教育指針
克己 自信 挑戦
教育方針
建学の精神の具現化
国際教育の推進
道義、個性、労作を
重んずる教育の推進

スクールアイデンティティ

豊かな人間形成と社会に必要とされる人材育成を目指します。

ホスピタリティHospitality
宿泊学習や人間関係講演会、保健指導やマナー教育、文化祭やその他の行事への参加によって、真心(おもてなしの心)を育てます。自分本位の考え方ではなく、常に相手のことを考え、お互い助け合って生きていくための先導役となる人間の基礎を身につけます。
グローカルGlocal
国際理解・地球環境に関する講演会や平和論文コンクール、海外研修・修学旅行など、また地元に関する研究や行事にも参加することで、グローバルな考え方とローカルな視点とを持ち合わせた、社会に役立つ人間になることを目標としています。
シティズンシップCitizenship
明るく社会に役立つ人間になるために、講演会やボランティア活動など様々な経験から市民として行動できる力を身につけ、他人と積極的に関わりを持てる人間を育成します。また、プレゼンテーション体験などを通して、会話力も身につけます。
校 章

従来の校章の月桂樹とリボンを残し、良き校風と伝統の継承発展を意味する。
信夫山の稜線を理想と希望の稜線として東に仰ぎ、ギリシャ神話のエンジェルをモデルとして、情操豊かな本校生を表し、未来に向かって羽ばたく様を緑が丘のM字に模して図案化した。
輪は、平和の象徴であり本校のすすめる国際平和教育を示し、リボンは本校の真心教育を推進する堅く結ばれた友情を表している。

校 歌
校歌の歌詞はこちらをご覧ください。
SDGs