本日正午の環境放射線測定値

0.118μSv/h

ご挨拶 理事長・校長 小原 敏

6つのニューステージ 完 全 始 動 へ

greeting-pic02

事長・校長

小 原  敏 

 

 

 本校不動の建学の精神に生きづく「真心教育」を礎に、今までの教育方針をさらに具体化した、3つのスクールアイデンティティ(①ホスピタリティ:おもてなしの心、②グローカル:地球規模の視野を持って地元で活躍、③シティズンシップ:市民として行動できる力)を新たに制定し、豊かな人間性を育むと同時に多様化する社会に必要とされる人材育成を目指す「新生東稜」が、いよいよ完全始動いたしました。 

 大きく学習内容が変わった「普通科」は、国公立・有名私立大学への進学を目標に国際人を養成する「特別進学コース」と、スポーツの実践と競技力の向上を図る「トップアスリート系」と「ライフ(生涯)スポーツ系」の2系列に分かれる「スポーツ健康コース」、そして将来の職業や人生設計にあわせて2学年で4系列(進学系・子ども文化系・メディアデザイン系・ビジネス系)から選択する「キャリアデザインコース」の3コース制となり、「キャリアデザインコース」では、今年度の2学年から4系列に分かれての授業が始まっています。これら新設された「普通科」の3コースでは、スクールアイデンティティを実践するための新たな学校設定科目を準備。それぞれのコースや系列にあわせて、スポーツ概論、スポーツ総合演習、幼児音楽、造形表現、メディア情報、国際理解などを学習いたします。また、「食物文化科」「看護科・看護専攻科」では、来年3月の完成に向けて最新の実習設備を備えた新校舎を建設中です。

 創立以来守り続けている本校の職業人教育を「普通科」にも取り入れるなど、地元福島の再生を担う人材育成をより強固なものとするとともに、震災後の逆境にも打ち勝つたくましさを身につけられるよう、教職員一同全力で取り組んでまいります。

 「新生東稜」の6つの新しいステージが今まさに完全始動し、さらなるステップアップへ動き出した「躍進!東稜」で、みなさんが抱いているそれぞれの夢の実現のために、福島東稜高校は常に前進を続けます。